私が成れる会に参加した理由(久保)

成れる会京都情熱未来塾、
第1期生の久保です!

とにかく仕事で結果を残したい、
ぐらいの大雑把な理由で参加を決めました。

種村さんのことや
藤井さんのことは知っていたし、

成れる会が全国に広がっていること
そして多くの方々が結果を残していること、

事前にたくさんの情報があったのも
参加を後押しすることになりました。

すでに講義は3回が過ぎ、
学ぶにつれて参加動機、というよりも
半年後にどうなっていたいか、が明確に。

毎日が刺激的で、楽しくて、
半年後の自分をイメージするだけで興奮しています!

現在、京都サンガF.C.という
京都にあるプロフットボールクラブに勤務。

先月異動があり、来年は
チケットセールスおよびプロモーション担当
として仕事をしていくことになっています。

ここで学んだことを毎日実践、
そして結果を検証し、仮説を立てて、あらたにアクションを起こす。

この繰り返しで
結果を最大化させたいと思います。

半年後の自分のイメージ像は
以下の通りです!


CRMを構築します。

システムを提供してくれる会社には
コンサルという立場でパートナーシップを結び、

過去の来場者記録などのデータを分析、
同時に、社内でのヒアリングを経て、

事業部のコンセプト(スローガン)を
作り上げます。

ウェブ、SNS、オンライン決済システムを
連動的に稼働させて売り上げを最大化。

明確に定義、言語化された
事業部のコンセプトを、

オンラインとリアルの場で
一貫性を持って打ち出していく、

そうすることで、クラブが目指す方向性を明らかにし、
ステークホルダーからの信頼と共感を得ます。


長期的にはもっと壮大に、


サンガを生活の中心に据え、
さんがなしには人生を語れない、

そんな人たちのもとへ足しげく通い、
お話に耳を傾け、心を通わせて、

相手の気持ちを慮り、寄り添い、
ご要望にはできる限りお答えするという姿勢を持つこと。

ファン、サポーターの方々に対面した瞬間に
彼らのペルソナを理解し、

こちらの表情やあいさつの仕方、
ニーズを理解した会話の内容などを

的確にリリースするという
卓越したコミュニケーション能力を備え、

どんな人とでも関係性を築き、深めることができること。

そして高い言語化能力で
クラブの社員、スタッフ全員のベクトルを合わせて、

クラブの運営を常に進化させるとともに、
日本のフットボールクラブのあるべき姿を問い続け、

模範的な存在として、経営に苦しむクラブを
コンサル的な立ち位置で協力関係を築くことで、

日本サッカー界全体の発展に寄与すること


こんな想いで、
成れる会に参加させていただいています!